instagram

Instagram の API でInstagramに投稿された写真のデータを配列変数として取得することができます。

今回は、よく使用するであろう2つのパターンを紹介します。

アクセストークンの取得に関しては「InstagramのAPIで写真を取得する【準備編】」を参考にしてください。

 

まず、あるユーザーの最新の写真データを取得する方法です。

https://api.instagram.com/v1/users/{ユーザーID}/media/recent/?access_token={アクセストークン}

ユーザーIDの取得は、前回の「Instagram のAPIを使ってユーザーを探す」を参考にしてください。

これをサイトに渡すと、そのユーザーの最新の投稿が、JSONデータで返されます。

画像のURLでは、サムネイルからオリジナルまで、各サイズの画像が取得できるので便利です。

instagram

次に、ハッシュタグで検索する方法です。

https://api.instagram.com/v1/tags/{タグ名}/media/recent/?access_token={アクセストークン}

例えば、#flower というハッシュタグが付けられた最近の写真を取得します。

https://api.instagram.com/v1/tags/flower/media/recent/?access_token={アクセストークン}

この時、タグ名の所に「#」は付けないことに注意しましょう。

これをサイトに渡すと、ハッシュタグに flower が付けられた投稿が返されます。

flower

これらを使って、自動更新される写真集を作ったりすることも可能ですね。

使い方は色々です。

Instagramは、これから、もっと広がるでしょう。

是非、楽しんでください。

ホームページを作るなら必ず読んでおくべき4冊

 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ8