パソコンで作業をしていると、突然現れるブルースクリーン。

パソコン歴の長い人は、ほとんど経験していると思います。

このブルースクリーン、BSODとも言われているようですが、

これ、何の略だろう?と調べてみました。

 

―― Blue Screen Of Death の略だそうです。

 

なんだか、スクリーンから悪魔がなんかが出てきそうな、怖い名前ですね。

ブルースクリーン

 

一ヶ月ほど前に、自作のパソコンのWindowsXpを

Windows7にアップグレードしました。

 

なかなか快適で、仕事も捗るな~と思っていたら、

ある日の仕事中、突然、ブリースクリーンになって再起動!

 

・・・・???

 

目が点になりました。

 

まぁ、たまにはこんなこともあるかと、

再起動後も仕事を続けていると、またまたブルースクリーン。

 

かなり、焦りました。

すぐに考えたのは、メモリの故障か、ハードディスクの故障。

 

次に、パソコン内部に埃がたまって、

加熱してしまったか?とも考えました。

 

いろいろ調べたり、掃除をしたりで、

その可能性を潰しても、翌日にはまた再起動。

 

WindowsXpに戻すと、

まったくブルースクリーンになる気配もなく、順調に動きます。

・・・ということは、Windows7にしたことが原因。

つまりは、何かのドライバが、Windows7に対応していないのか。

 

早速、ネットワークボードと、

グラフィックボードのドライバを最新版に更新。

 

これで、やっとブルースクリーンから解放されたようです。

数日使っていても、もう、あの忌まわしい画面は現れません。

 

安心して、仕事が出来ます。

 

・・・と、思ったら、今日また・・・

パソコン、買い換えようかな?

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ7








アクセス解析を学ぶなら読んでおきたい4冊