仕事柄、マウスとキーボードには毎日触れています。

特にキーボードのキーを打つ回数は、とてつもなく多いと思います。

メールを書き、SNSに投稿したり、コメントしたり・・・。

プログラミングをするときには、

ほとんどキーボードから指が離れることは無いほどです。

 

これほど、毎日使用するキーボードであるからこそ、

キーを打ったときの感触は大切だと思います。

指の感触でタイプミスを察知することもあります。

 

わたしが今まで使用してきたキーボードは、

パソコンを購入したときに付属していたものです。

可も無く、不可も無く、特に問題も無かったのですが、

最近になって、いくつかのキーが少し重くなり、

打ったつもりなのに打てていないと言うことが、よくありました。

 

そこで、キーボードだけ、新しく買い換えようと、Amazonで調べてみました。

安いものは、500円台。普通のものでも1,000円から2,000円。

少し高いものでは、5,000円台。

めちゃくちゃ高いな~と思った、

キーボード自体が、青く発光するようなものは、9,000円台でした。

 

そのなかで、やたらに高価なキーボードがありました。

東プレ REALFORCE 108UBK /静電容量無接点/変荷重/108キー/USB SJ08B0

 

キーボード

 

なんと、18,000円を超えています。(この記事の執筆時)

しかも、なんの装飾もなく、見た目は極めてシンプル。

黒いキーボードに、文字の刻印も黒いから、ほとんど見えません。

刻印は、アルファベットのみです。 ひらがなは書かれていません。

 

キーボードを見ながら打つ人には、とてもストレスだと思います。

このキーボード、キーを打った時の感触がいいと言う、

ただそれだけが売りのものです。

 

Amazonでの評価も、キーボードを頻繁に使用する人には、

決して高価ではない!という高評価です。

 

かなり迷い、一週間ほどためらっていましたが、

昨日、思いきってAmazonで注文し、今、そのキーボードで、

これを書いています。

 

最初は慣れないので、少し違和感があります。

キーボードを打った時のカタカタと言う音は、

何の変哲もないものですが、指に戻るキーの感触は、

とても軽く、最高に心地よいです。

 

これで、キーボードを打つのが楽しくなりそうです。

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ7








アクセス解析を学ぶなら読んでおきたい4冊