ホームページの仕事で、銀座に行きました。

創業19年のラーメン店です。

大通りから一本入った細い路地にその店舗はありました。

外見上は、特に目立ったところの無い小さなお店ですが、

有楽町の駅から歩いて10分という一等地に

19年間も存続できると言うこと自体、凄いことだと思います。

 

店の外観、店内、ラーメンなどの商品を撮影してもらうため、

カメラマンさんにお願いしました。

カメラマン

広角レンズで、店内を撮影した写真を見せてもらい、

驚きました。

小さな古い店内が、まるで一流ホテルにでも入っている店舗なのか

と思うような新築の広々とした店内に見えるのです。

 

その後、ライティングの機材などを用意して、

次々に運ばれてくる10種類近くのラーメンを撮影していきます。

細かいところにまで気を配り、光と影を自在に操るその様は、

さすがにプロの仕事だと、舌を巻くばかりでした。

出てくるラーメンも美味しそうですが、

カメラに写されたラーメンは更に美味しそうです。

 

様々な世界のプロがいて、

あまり凄みを感じないプロも、たまにいますが、

私の知っている数名の写真のプロたちには、

異次元の凄みを感じます。

 

いつも感動してしまいます。

 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ7








アクセス解析を学ぶなら読んでおきたい4冊