Gmailのセキュリティ

Googleの提供するメール機能である Gmail は、世界中で利用されているとても便利なツールです。

普段の生活でも、Gmail が無くてはならない存在になっているという人も多いのではないでしょうか?

そんな便利なGmail であるからこそ、Google アカウントのパスワードなどを不正に知られてしまうと、仕事やプライベートの情報が一気に他人の手に渡ってしまいます。

そこで、どこか別の場所から、自分のGmail にアクセスされていないかどうかを調べる簡単な方法があります。

Gmail の受信メール一覧の一番下にある「アカウント アクティビティの詳細」というリンクをクリックしてください。

011

いつ、どこから、あなたの Gmail にアクセスされたのかが分かるようになっています。

一番下に書かれている、

「このパソコンは IPアドレス ***.***.***.*** を使用しています。(日本)」

この ***.***.***.*** の部分が、あたなのパソコンのIPアドレスですので、これ以外のIPアドレスからアクセスされていれば、怪しいと思ったほうがいいでしょう。

055

ただし、あなた自身のスマートフォンなどからアクセスした場合は、アクセスするたびに IPアドレスが変更されていることが多いです。

 

「詳細を表示」をクリックすると、更に詳細を見ることができます。

044

 

パソコンのOSや使用しているブラウザも判別されていますね。

033

 

なんとなく怪しいなと思ったら、ますは、Googleアカウントのパスワードを変更してください。

次に、新しいパスワードでログインし直し、再び Gmail で「アカウントアクティビティの詳細」を開きます。

そして、「他のすべてのWebセッションからログアウト」をクリックしましょう。

 

022

あなたのパソコン以外からアクセスしている人がいれば、すべてログアウトされます。

その不正アクセス者はパスワードの入力を要求されますが、先ほど、あなたがパスワードを変更しているので、もうあなたのアカウントに不正ログインをすることはできません。

 

インターネットは、とても便利なツールですが、この便利さにつけこんで不正をする人が後を絶ちません。

このように、ちょっとしたセキュリティの知識を身につけて、自分の身は自分で守りつつ、人類史上最大の便利ツールであるインターネットを楽しく使いこなしましょう。

 

ホームページを作るなら必ず読んでおくべき4冊

 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ8