SB vs Docomo

先ほど、通りかかったソフトバンクショップで、

店舗脇にこう書いてありました。

「他社からの乗り換え料金負担します。」

なるほど、それは良い作戦だな、と思いました。

自分が、ソフトバンク以外のユーザーで、

iPhoneを使いたいと思っていたら、

このアピールによって、ソフトバンクに乗り換えるかもしれません。

 

そこから、50mほど行くと、今度はドコモショップがありました。

ここにも、同じようなことが書かれていました。

「他社乗り換え費用負担」

ただし、この言葉の前に、

「他社徹底対抗」と書かれていたのです。

 

店舗側としては、他社に負けられないという気持ちが強くて、

この言葉を書いたのでしょうが、

我々ユーザにはドコモが他社に徹底対抗する気持ちが

あろうが無かろうが、あまり関係の無いことです。

逆に、この「他社徹底対抗」には、あからさまに

ソフトバンクを敵対視しているという気持ちが見えすぎて、

少々嫌悪感を感じてしまいました。

 

良いと思って書いたことでも、他人から見れば、

あまり気持ちの良い言葉では無かったり、

気分を害するものだったりすることがあります。

自分の書く様々な文章も、そんなことがないかどうか、

再度チェックしなければならないと感じさせられました。

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ7








アクセス解析を学ぶなら読んでおきたい4冊