panda

2012年7月18日、

日本でもパンダアップデートが導入されました。

パンダアップデートとは、Googleにおける

検索アルゴリズムのアップデートの名称です。

 

高品質なサイトをより上位に表示し、

検索結果の品質を高めるために実施されています。

 

質が低いとされるサイトの特徴として、以下が挙げられます。

  • 重複サイトやコピーサイトなどで
    オリジナルな内容のコンテンツが乏しいサイト
  • 自動生成されたサイトや情報量の少ないサイト
  • 広告(バナー)がページの多くのコンテンツを占めるサイト
  • コンテンツの信頼性がない、または低いサイト

 

 

ホームページを作成する側としては、

無駄にキーワードを埋め込んだり、

無闇にページ数を増やしたりという

小手先の対策はかえって不利になるということです。

 

有益で品質の高い情報をしっかりと伝える

ホームページを作ること。

本来のホームページのあり方としては、当たり前のことなのですが、

それをアルゴリズムで判別できるようになってきたというのも、

技術者として、時代の流れに乗れるかどうかという

大切な要因の一つになったと考えています。

 

ホームページの作り方を今一度考え直さなければならないようです。

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ7








アクセス解析を学ぶなら読んでおきたい4冊