7月からずっと悩まされてきたブルースクリーン。

WindowsXpの時には、こんなことは全くなかったのですが、

Windows7にアップグレードした途端、頻発するようになりました。

 

まず疑ったのは、ドライバー関連です。

特に、ビデオボードとLANボードのドライバが、

Windows7対応ではないのではないか・・・

ネットで検索してみたら、やはり、

最新のドライバーではなかったので、

最新のドライバをインストールしました。

 

しかし、状況は変わらず・・・

WindowsXpの時には発生していないので

、ハード関連ではないと思ったのですが、

とりあえず、メモリのチェックをしてみることにしました。

 

「メモリ チェック」で検索すると、

いろいろと参考になるサイトが見つかります。

 

エラーは見つかりませんでしたが、

気分転換にパソコンショップへ行き、

メモリを買って増設してみました。

(今回の件とは、関係ありませんが・・・)

 

更に、ハードディスクをSSDに乗せ換えました。

これで、パソコンが爆速に・・・

これも、ブルースクリーンとは関係ありません。

 

いろいろと調べてみると、

BlueScreenViewというソフトを発見しました。

 

Blue Screen View

 

ブルースクリーン発生時に生成される

ダンプファイルを見つけ出して解析・表示することにより

エラーの原因を教えてくれるソフトです。

 

これによると、エラーが発生した原因は、

halmacpi.dll であることが分かりました。

これは、システムに関わるファイルですが、

もしかして、最新版があるかもしれないと、

ネットで探してみました。

 

http://www.windowdev.com/

 

ここは、Windowsのドライバやシステムファイルが

ダウンロードできるサイトです。

 

システムファイルなので、アクセス権などの問題で、

置き換えるのに少々手間取りましたが、

なんとか置き換えに成功。

 

これを行ったのが、昨日のこと。

ブルースクリーンは、解消されるでしょうか?

しばらく様子を見てみます。

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ7








アクセス解析を学ぶなら読んでおきたい4冊