「インターネットへの接続が、すぐに切れてしまう。」

あるお客様から、そんな相談がありました。

 

お客様宅に伺い、パソコンを起動しました。

パソコンを起動したばかりのときには、

インターネットに繋がっているのですが、

しばらくすると切断されます。

 

そして、切断されるときには、

カスペルスキーインターネットセキュリティが、

メッセージを吐き出します。

 

「Dos.generic.SYNFloodの攻撃を受けた」というようなメッセージです。

攻撃元は、ルータのアドレス、192.168.11.1 です。

ネットで調べると、これはカスペルスキーの不具合かも知れない

と書かれているサイトもありましたが、このお客様の場合、

10月30日にここに書いた迷惑ソフトが入ってからだと言うことですので、

不具合では無いような気もします。

 

とりあえず、このIPアドレスからのアクセスを許可しないことには、

ネットに接続できません。

その設定方法を書いていきます。

まず、カスペルスキーインターネットセキュリティの画面を表示させ、

「設定」をクリックします。

00

 

 

次に、左のメニューから「ファイアウォール」を選択し、「設定」をクリックです。

11

 

「ネットワークルール」というタブを選択します。

22

 

「追加」をクリック。

33

 

「処理」を「許可」に設定し、名前は、適当に入力します。

「プロトコル」にチェックを付け「TCP」に設定。

「通信方向」は、「送受信」に設定します。

44

 

「アドレス」で「設定したネットワークアドレス」を選択します。

55

 

 

「リモートアドレス」の「追加」をクリックし、

77

 

攻撃元のIPアドレスを入力し、

リモートアドレスにIPアドレスが設定されたことを確認します。

66

 

「ローカルアドレス」の方も、全く同じ手順で設定します。

88

99

 

「OK」ボタンをクリックして、設定画面を閉じていきます。

これで、ルータからの攻撃という名目で、

インターネットを切断されることはなくなります。

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ7








アクセス解析を学ぶなら読んでおきたい4冊