instagram

WordPressのプラグインを使って、Instagramの写真をサイトに表示させることが出来ます。

そのプラグインは、Instagram Feedです。

プラグインの名前は、「Instagram フィード」になっていますが、「Instagram Feed」で検索して下さい。

instagramfeed01

 

プラグインを有効にして、設定画面を開きます。

あらかじめ、パソコンでInstagramにログインした状態にしておきましょう。

「Log in and get my Access Token and User ID」をクリックします。

instagramfeed02

 

「Authorize」をクリック。

instagramfeed03

 

アクセストークンとユーザーIDが表示されるので、これをそれぞれのテキストボックスにコピペします。

そして、「変更を保存」をクリック。

instagramfeed04

 

次に「Costomize」タブに移ります。

ここでは、表示する写真の大きさ、枚数、列などを設定します。

instagramfeed05

  • Width of Feed
    表示する領域の幅を指定します。
    ここは、100%でしてすればいいでしょう。
  • Height of Feed
    表示する領域の高さを指定します。
    300~500ピクセルくらいで試してみてください。
  • Background Color
    表示する領域の背景色を指定します。
  • Sort Photos By
    写真を新しい順に並べるか、ランダムに並べるかの2択です。
  • Number of Photos
    表示させる写真の枚数を指定します。
  • Number of Columns
    表示させる列数を指定します。
    メインのエリアに表示させるなら、4列くらいが良いでしょう。
    サイドバーに表示させるなら、2列が見やすいと思います。
  • Image Resolution
    画像の解像度を指定します。
    Auto-detectのままで良いでしょう。
  • Padding around Images
    画像の周りの余白を指定します。
    2ピクセルくらいでいいでしょう。
  • Disable mobile layout
    スマホなどで見た時のレイアウトに対応するかどうかです。
    対応させるなら、チェックは付けないままでいいです。

最後に「Display Your Feed」タブです。

基本的には、表示させたい場所に、[instagram-feed] と入れておけばOKです。

カッコ ⇒ [] も入力して下さいね。

instagramfeed06

それ以外にも、様々なパラメーターが用意されています。

有料のPRO版を利用すれば、ハッシュタグで写真を抽出することもできます。

 

実際に右のサイドバーに表示してみました。

とてもきれいに表示できていますよね。

instagramfeed07

ホームページを作るなら必ず読んでおくべき4冊

 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ8