今朝、黒い箱に銀の文字でAmazonと書かれている

小さなパッケージでKindle Paperwhiteが、

送られてきました。

 

Kindle

 

パッケージは、極めて簡素。

本体、USBケーブル、白と黒の小冊子。

白い小冊子は、

ライセンス契約および利用規約などが書かれています。

黒い方は、

電源スイッチとケーブルを繋ぐ位置を図で説明してあり、

USBケーブルをコンピュータまたは電源アダプタ(別売)に

接続して下さいと書いてあるだけの簡単なもの。

 

電源アダプタが別売りとなっていますが、

iPhoneの電源アダプタに繋いでみたら、

あっさりと給電され、セットアップと使い方が

画面に表示されました。

指示通りに画面をタップしていけば、設定は完了します。

 

Kindle

 

途中、Wi-Fiの設定画面が表示されますので、

表示されるSSIDを選択して、パスワードを入力します。

Amazonのアカウントは、

最初から購入者のアカウントで設定されていますので、

「このアカウントを使用しますか?」

という質問に「はい」と応えれば、設定完了です。

 

facebookやtwitterに情報を共有するための

アカウント設定の画面も表示されますが、

これは、スキップも可能です。

 

早速、購入した電子書籍を読んでみました。

iPadと違い、画面が明るく光ることも無く、

本当に紙の本を読んでいるような明るさなので、

目が疲れることもなさそうです。

手に持った感じは軽く、

片手に持って長い時間読書をしていても

疲れないと思います。

また、背面と液晶の周りが、

滑りにくい手触りになっているのも好感触です。

 

 

ページをめくるときの画面の切り替わりは、

さすがにiPadのようなスムーズさはありませんが、

まったくストレスを感じるようなことは無く、

このもったり感もKindleの良いところかも知れません。

これで、読書が益々楽しくなるでしょう。

 

Kindle

 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ7








アクセス解析を学ぶなら読んでおきたい4冊