pdf

CubePDFは、PDFファイルを生成するためのソフトです。

とても細かい設定ができて、PDF以外にも画像ファイルとして出力することもできます。

そして、こういう類では珍しい純日本製の完全無料のソフトウェアで、私自身、ずいぶん前から使っています。

なので、多くの人が知っているソフトウェアなのかと思っていましたが、そんなに知られているわけではないようなので、ここで紹介してみます。

まず、CubePDFのサイトからダウンロードします。

⇒ http://www.cube-soft.jp/cubepdf/

このサイトには、海外の無料ダウンロードサイトのように、目的以外のマルウェア的な迷惑ソフトをダウンロードさせるような面倒くさいトラップは一切ありません。

こんなところは、さすがに日本のサイトだと感心します。

 

さて、ダウンロードボタンをクリックすると、こんなアイコンのファイルがダウンロードされます。

cubepdf01

このファイルをダブルクリックして、インストーラーを起動します。

↓ 同意するにチェックを付けて「次へ」をクリックします。

cubepdf02

 

↓インストール先の変更がなければ、このまま「次へ」をクリック。

cubepdf03

 

↓プログラムグループとは、スタートボタンを押したときに出てくるプログラム一覧です。

プログラムグループを作成しないときには、チェックを外します。

cubepdf04

 

おすすめリンクは、追加しなくてもいいと思います。

↓私は、チェックを付けずに「次へ」をクリックしました。

cubepdf05

 

天気予報コム for Windowsなんてインストールしても仕方がないでしょう。

↓「利用許諾に同意してインストールする」は、チェックを外して「次へ」。

cubepdf06

 

↓インストール内容を確認して、「インストール」をクリック。

cubepdf07

 

↓インストールが始まりますので、終わるまで待ちます。

cubepdf08

 

インストールが終わったら、「完了」をクリックします。

cubepdf09

 

プログラムのインストールが完了しても、何も出てきません。

CubePDFは、印刷機能の中に組み込まれています。

何かを印刷する時、プリンターを選択するダイアログボックスが表示されますよね。

その出力先を、CubePDFにすることによって、PDFファイルを生成するのです。

なので、印刷機能があるソフトウェアなら、CubePDFは使えると言うことですね。

cubepdf10 cubepdf11

 

CubePDFに出力すると、どんなPDFを出力するのかを細かく設定できます。

ここで、CubePDFが起動されるわけです。

cubepdf12

 

出力ファイルの種類を選択することができます。

様々な画像ファイルに対応しています。

cubepdf13

 

PDFのバージョンを指定できます。

ここは、特別な場合を除いて、最新バージョンを選択しておけばいいでしょう。

cubepdf14

 

解像度を選択できます。

解像度を大きくすると、出力結果はきれいですが、ファイルのサイズは大きくなります。

通常の用途であれば、300のままでいいでしょう。

cubepdf15

 

出力ファイルが指定できます。

ここで、既存のファイルを指定した場合、既存のファイルに上書きするのか、既存のファイルの先頭や末尾に追加するのかの指定ができます。

あとから作成したPDFを既存のファイルと結合できるこの機能は、とても便利です。

cubepdf16

 

「文書プロパティ」タブでは、PDFファイルのプロパティ情報を設定できます。

cubepdf17

 

「セキュリティ」タブでは、セキュリティに関する様々な設定ができます。

特定の人にしか読ませたくない文書は、PDFファイルにパスワードを付けるべきでしょう。

また、細かい許可設定もできますので、社内で配布する資料などに利用するといいですね。

cubepdf18

 

「詳細設定」タブでは、出力ファイルをグレースケールにもできます。

画像をJPEG形式に圧縮すると、出力ファイルサイズが小さく抑えられます。

cubepdf19

 

PDF出力に関して、無料でここまで細かい設定ができるソフトウェアがあれば、他には必要ありませんね。

自分で作成した資料を、他の誰かに編集されたくないときなどに、PDFファイルはよく使います。

CubePDFは、メモリに常駐するわけではないので、使わないときには、メモリを圧迫することもなく、動きも軽いので、入れおいても邪魔にはなりません。

PDFを生成する人にはオススメのソフトウェアです。

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ7








アクセス解析を学ぶなら読んでおきたい4冊