Windows XPのサポート期間は、来年の4月8日まで。

日本では、時差の関係で、2014年4月9日までになります。

WindowsXp

今でも、企業の40.3%、個人でも27.7%が、

WindowsXPを使用しているという調査結果が出ています。

弊社で、基幹業務システムの開発を担当した企業でも、

未だにWindowsXPが使用されているところが

一社だけあります。

その一社を除いて、すべての企業はOSに依存しない

クラウドシステムに移行しました。

 

現在、WindowsXPのセキュリティ更新プログラムは、

毎月のように提供されています。

つまり、それだけセキュリティの脆弱性が

新しく見つかっていると言うことです。

 

サポートが終了すると、

このセキュリティ更新プログラムが提供されなくなるため、

それ以降に発見されたセキュリティの脆弱性は、

そのまま放置されることになります。

 

すると、その脆弱性を利用して、

ウィルスがどんどん開発されることになるかも知れません。

「うちは大丈夫。」

そう思いたい気持ちも分からなくはありませんが、

大切な顧客情報を扱っている企業であれば、

それを漏洩させないようにしっかり管理するためにも、

WindowsXPから次のOSに移行させることは、

企業責任とも言えると思います。

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ7








アクセス解析を学ぶなら読んでおきたい4冊