2014年4月9日(日本時間)。

WindowsXPのサポートが切れました。

WindowsXp

しかし、ソフトウェア開発者にとっては、

使用している言語の関係で、

どうしてもWindowsXPでの開発環境が

必要な場合も出てきます。

 

ただし、その開発環境で、

インターネットに繋ぐ必要が無いのであれば、

バーチャルな環境で、WindowsXPを使い続ける

というのも選択肢のひとつになります。

 

そのバーチャルな環境作りの一つが、

ORACLEのVIRTUAL BOXです。

 

WindowsXp

 

バーチャルな環境に使用するディスク容量や

メモリ容量などを設定すれば、

簡単にバーチャル環境を作れます。

WindowsXp

 

Windows7 や、Windows8、MacOSやLinuxに

バーチャル環境を作ることができます。

WindowsXp

Windows Updateなど、環境作りをするときに、

どうしてもインターネット接続が

必要になる場合もありますが、環境作りが終わったら、

ネット接続は「無効」にしておきましょう。

 

USBメモリなどから感染する可能性もあるので、

念のために、セキュリティソフトをインストールしておいた方が

いいかも知れませんが、私は、

セキュリティソフトをインストールせずに使っています。

 

なぜなら、USBメモリ使用する場合、

セキュリティソフトの入ったWindows7に挿してから、

バーチャル環境で使用することを徹底しているからです。

 

セキュリティソフトのインストールされていない環境は、

本当に軽くて快適だと実感しています。

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ7








アクセス解析を学ぶなら読んでおきたい4冊