アメブロに記事を書いて、

少しでも自分のビジネスに活用しようと

している人は、多いと思います。

WRITING

アメブロの読者数が、多ければ、

それだけ自分の書いた記事が

読まれる可能性も高まるわけですから、

自分をアピールするのにアメブロは

良い選択だと思います。

 

ところが、あなたがアメブロに書いた記事の著作権は、

アメブロのものなんです。

アメブロの利用規約を読んだことがありますか?

利用規約 第12条2項に次のように書かれています。

第12条(知的財産権等)
2. 当社は、利用者が本サービスにおいて投稿、アップロード又は保存した全ての情報(文字情報、画像情報等を含みますがこれらに限られません)について、これらを保存・蓄積した上、本サービスの円滑な運営、改善、当社又は本サービスの宣伝告知等(第三者のメディアへの掲載を通じた紹介記事・コンテンツ等も含まれます。)を目的として、あらゆる態様で利用できるものとし、利用者はこれに同意するものとします。

つまり、あなたがアメブロに書いた記事を

どんな形で利用しようがアメブロ側の自由であって

アメブロ側が気に入らないようなことを書けば、

消そうがどうしようが、勝手にさせてもらうよと

いうことなのです。

 

時間をかけ、考えて書いたあなたの記事は、

あなたの資産であるべきだと思いませんか?

あなたの資産を、他人が勝手にできるのなら、

あなたは資産を他人に預けたりはしないはずです。

 

あなたは、あなたの土地に資産を積み上げましょう。

そのためには、自分でサーバーを借りて、

そこにワードプレスなどのブログシステムで

記事を書くことをお奨めします。

ワードプレスに書いたブログ記事を

アメブロに自動で反映するようなツールもあります。

 

アメブロは、「読者登録」「ペタ」「いいね」などの

機能があり、集客には向いている媒体です。

そのアメブロのメリットを利用して、

自分の敷地内へお客様をお招きするという考え方で

ブログを運用していきましょう。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
ご質問、ご要望などございましたら、
お問い合わせフォーム  よりお送りください。
お問い合わせボタン
24時間以内にメールにて回答させて頂きます。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ7








アクセス解析を学ぶなら読んでおきたい4冊