Google Chrome のdev チャンネル(開発版)をインストールしてから、

Stable(安定版)に戻すと、

 

「バージョンが新しい Google Chrome のプロフィールは使用できません。

一部の機能が利用できない可能性があります。

別の場所のプロフィールを指定するか、新しいバージョンの Chrome をご使用ください。」

というメッセージが表示されることがあります。

Google Chrome error

OK をクリックして、このメッセージを消せば、普通に使えるのですが、

毎回毎回表示されてしまうので、非常に煩わしいです。

 

これを回避するには、Google Chrome がインストールされているフォルダから

Web Data という名前のファイルを削除します。

Web Data を削除する前に、Google Chrome を終了しておいてください。

 

Windows7 の場合、Web Data が有るのは、このフォルダです。

C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default

Google Chrome error

ユーザ名フォルダの中に、AppDataフォルダ が見つからない場合には、

隠しファイルを表示しない設定になっているかも知れません。

以下の手順で、隠しファイルを表示する設定にしましょう。

スタート ⇒ コントロールパネル ⇒ ツール ⇒ フォルダオプション

Google Chrome error

 

①「表示タブ」をクリック

②「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェック

③ OKをクリック

Google Chrome error

 

以上で、メッセージは表示されなくなると思います。

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ7








アクセス解析を学ぶなら読んでおきたい4冊