iPhone6、iPhone6 plus、iPad Air 2、iPad mini 3 など、

Apple から新しい製品が続々と出てきました。

 

新しいiOSデバイスに乗り換える前に、

どうしてもやらなければならないのが、データのバックアップです。

 

連絡帳やカメラロールなど、iPhoneの中にしかないようなデータは、

必ずバックアップを取っておきたいですね。

iPhone

ところが、私のWindowsパソコンは、

起動ドライブ(Cドライブ)をSSDにしてあり、容量が128GMしかありません。

そこで、データ関係は、すべて外付けのハードディスクに保存しています。

 

iPhoneやiPadのバックアップデータを保存するパスは、

決められていて、変更できないようです。

 

しかし、今使っているiPhoneは、容量が64GBなので、

このデータをCドライブにバックアップするのは、厳しいところです。

 

ということで、iPhoneのバックアップデータは、

やっぱり外付けのハードディスクに保存することにしました。

 

iPhoneやiPadのデータは、以下のフォルダに保存されています。

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup\

Windows7の場合

そして、これは変更できないのです。

 

そこで、mklink コマンドを使って、

このフォルダを外付けのハードディスク内にあるフォルダにリンクさせましょう。

 

まず、外付けのハードディスクに、

iPhoneデータのバックアップ用フォルダを作成します。

 

私は、G:\iOSBackup というフォルダを作成しました。

 

次に、

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\

の中に、Backup というフォルダがあったら、

それを削除または別名にリネームします。

 

スタートボタンから、プログラムとコマンドの検索ボックスに

cmd」と入力し、cmd.exe を管理者として実行します。

iOSデバイスバックアップ

iOSデバイスバックアップ

 

コマンドプロンプトで、以下のコマンドを実行。

mklink /d “C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup” G:\iOSBackup

 

成功すると、以下のメッセージが表示されます。

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup <<===>> G:\iOSBackup のシンボリック リンクが作成されました

 

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\

の中に、矢印マークの付いたBackupというフォルダが、

作成されたはずです。

 

これの実体は、G:\iOSBackup なので、

iTunesで、iPhoneやiPadのバックアップを実行すると、

そのデータは、G:\iOSBackup に保存されます。

 

これで、Cドライブの容量を気にせずに、

iPhoneやiPadのバックアップを取ることができますね。

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ7








アクセス解析を学ぶなら読んでおきたい4冊