今日、1月27日の午後3時頃から、

facebookにアクセスできなくなりました。

cyber terror

自社のパソコンか回線に不具合があるのかと

twitter を見てみたら、この現象は、世界的なもので、

facebook のサーバそのものがダウンしたようです。

 

1時間ほどで復旧したのですが、これは一説によると、

DOS攻撃を受けたのではないかと言われています。

 

DOS攻撃の DOSとは、Denial Of Serviceの略で、

悪意ある人間によって特定のサーバに過剰な負荷を与え、

機能を停止させる行為です。

 

2014年のクリスマスには、

ソニーの PlayStation Network(PSN)とXbox Liveが

ダウンしたのが記憶に新しいところです。

 

DOSの種類としては、10種類以上のものがあります。

興味のある方は、こちらのサイトを参考にしてみてください。

https://www.ipa.go.jp/security/fy14/contents/soho/html/chap1/dos.html

 

最近では、攻撃元のサーバを分散させて、

更に強力なDDOS(Distributed Denial Of Service)と

呼ばれる攻撃が増えてきました。

 

今回の件も、まさにDDOSですね。

その攻撃の様子を可視化した動画がアップされています。

主に中国からのアクセスが多いことに気づきますが、

これは、犯人が中国人だという理由にはならず、

中国にある多くのパソコンが、何者かによって

乗っ取られている可能性も考えられます。

 

セキュリティの甘いパソコンが乗っ取られて、

そのパソコンを利用して、DDOSを仕掛けるわけですから、

攻撃元の特定が、極めて難しくなります。

 

パソコンのOSには、必ず最新のパッチを当て、

セキュリティソフトも高機能なものを選択し、

意図せずサイバーテロに加担していた

なんてことがないように、注意しましょう。

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ7








アクセス解析を学ぶなら読んでおきたい4冊