Google で検索するとき、

ひとつのキーワードだけで検索すると、

非常に多くの検索結果が何ページにもわたって

表示されることがほとんどです。

この中から目的のサイトを探すのは、とても大変です。

google search

こんなときには、検索方法を工夫して、

目的のサイトを短時間で探せるようにしましょう。

 

Googleには、多くの検索オプションが用意されていますが、

普段良く使う便利な検索オプションをピックアップしてみます。

 

ワード1 ワード2

「ワード1」と「ワード2」が

両方含まれているページを検索します。

【例】

ホットケーキ レシピ」と検索すると、

「ホットケーキ」と「レシピ」の

両方が含まれたページを検索します。

 

ワード1 -ワード2

除外したいワードの前に、- (マイナス)を付けます。

「ワード1」を含むが、

「ワード2」は含まないサイトを検索します。

【例】

「紅白歌合戦」と検索すると、

NHK紅白歌合戦というサイトが多く表示されますが、

紅白歌合戦 -NHK」とすると、

紅白歌合戦で検索したサイトのうち、

「NHK」という文字を含むサイトを除外します。

 

“ワード”

検索したいワードをダブルクォーテーションで挟みます。

これにより、そのワードそのものを検索します。

【例】

「関空」と検索すると、

関西国際空港のホームページが出てきますが、

“関空”」と検索すると

「関空」という文字そのものが含まれたページを

検索します。

 

ワード1 or ワード2

「ワード1」または、「ワード2」が含まれているページを

検索します。

また、ワード1 ワード2 or ワード3 と検索すると

ワード1とワード2が両方含まれているページ

または、

ワード1とワード3が両方含まれているページ

を検索します。

【例】

オリンピック 2000年 or 2004年」と検索すると、

「オリンピック」と「2000年」が含まれているページ

または、

「オリンピック」と「2004年」が含まれているページ

を検索します。

 

ワード site:ドメイン

site: で指定したドメインの中だけで、ワードを検索します。

【例】

パソコン site:aws200.net」と検索すると、

サイト aws2000.net の中で、

「パソコン」というキーワードが含まれたページを検索します。

ページ数の多いサイトで、サイト内検索がない場合に便利です。

 

intitle:ワード

指定したワードが、

タイトルタグに含まれているページを検索します。

【例】

intitle:パソコン」と検索すると、

WEBページのタイトルに「パソコン」という

ワードが含まれているサイトを検索できます。

 

ワード filetype:拡張子

指定されたワードを含むページのうち、

filetype: で指定された拡張子のファイルだけを検索します。

【例】

パソコン filetype:pdf」と検索すると、

パソコンというワードを含むPDFファイルだけを検索できます。

論文などの資料は、

PDFファイルでアップロードされている場合が多いので、

この方法で検索すると便利です。

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ7








アクセス解析を学ぶなら読んでおきたい4冊