ホームページ作成、今と昔

昔は、エディターを使って HTMLをキーボードから入力することで、ホームページを作成していました。

ところが、ホームページビルダーやDreamweaver などのホームページ作成ソフトが使われるようになって、ホームページの作成は大きく合理化されました。

そして今、Wordpress や Movable Type というCMSが主流になり、簡単なホームページなら誰でも作れる時代になりました。

ホームページ作成業者にとっても、高機能で美しいホームページを短期間で作成するために、WordpressなどのCMSは欠かすことの出来ないツールになっています。

それに伴い、ホームページを作成する料金は大きく下がってもいいはずです。

cost down

ところが、未だに高額な料金で、あきれるほど素人っぽいホームページを作成している業者が横行しています。

それは、なぜでしょう?

いまだにホームページ作成・更新料が高額な理由

2010年くらいまでの時代、ホームページを作ってもらうというのは、その技術を持った人に、自分の文章や写真を渡して、ホームページに置き換えてもらうという感覚でした。

ところが今、ホームページは誰でも作れる時代です。

WEB上で、無料でホームページが作れるサービスもあり、ブログを更新する感覚でホームページを持つ人が増えてきました。

そんな無料で作れるホームページで済ませる人がいる一方、何十万円、何百万円も出してホームページを業者に作ってもらう人が多いのも事実です。

その違いは、何でしょう?

それは、そのホームページで集客できるかどうか、そのホームページで反応を取れるかどうかです。

つまり、ホームページのデザインと文章が、ビジネスをするレベルにあるかどうかです。

考えられたデザイン、考えられた文章を作るのには、多くの時間と労力、そして経験が必要です。

その対価が、ホームページ作成の料金として掛かるのです。

 

何がレベルの差になっているのか?

ホームページは、作成する人によって、その品質に大きな差があります。

それは、センス、作り方、知識など、様々な要因が考えられますが、もっとも重要なのは、「意識」と「認識」です。

ホームページとは、何なのか?

作成する側が、ホームページというものをどう捉えているのかが、最大の問題です。

ホームページを作ることによって、多くの集客ができ、売上が大幅に上がるのなら、ホームページの作成コストに50万円、100万円を掛けても決して高くはありません。

しかし、ホームページを単なる広告としてしか考えていない業者が、ほとんどです。

多くの閲覧者を引きつけ、ホームページを読んでもらい、商品やサービスを購入してもらう。

そのための手法をどれだけ多く持っているのか、それがホームページ作成についてのレベルの差になってきます。

ホームページを作成する目的をしっかりと聞き、そのために必要なコストを適正価格で提示する。

それがしっかりとできる業者を選択するようにして下さい。

 

マウスコンピューター/G-Tune

起業して頑張っている人だけにオススメする8冊


 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ8