お客様のパソコンが起動しなくなってしまいました。
Windows10のロゴまでは出るのですが、そこから
再起動⇒ロゴ⇒再起動⇒ロゴの繰り返し。
大切なデータを救ってほしいという依頼を引き受けました。


 

ハードディスクは、パソコンの部品の中で、一番壊れやすい部品ではないでしょうか?

私の経験上、パソコンが壊れた!というとき、その90%がハードディスクへ正しくアクセスができなくなったというものです。

この中でも、ハードディスクが物理的に壊れてしまって、まったくアクセス不能になった例は、50%くらいですね。

あとの50%は、データを救出することができます。

 

こんなときに使うのは、内蔵のハードディスクを外付けのハードディスクのように、USBでパソコンに繋ぐことの出来るこの機械。


玄人志向 HDDスタンド KURO-DACHI/CLONE/U3

 

まずは、新しいパソコンを買うか、別のパソコンがあれば、それを起動しておきます。

壊れたパソコンのケースを開けて、内蔵ハードディスクを取り出します。

このHDDスタンドには、内蔵ハードディスクを2台差し込むことができます。

そして、これをパソコンとUSBで接続すれば、普通に外付けのハードディスクとして使えます。

この状態で、ハードディスクから、必要なデータをコピーすればいいわけです。

他にも、少し安くて、同じようなことの出来るHDDスタンドはあるのですが、私は、5年ほど前にこのHDDスタンドを購入し、ずっと安定して使えているので、私にとっては、信頼できるアイテムです。

玄人志向 HDDスタンド KURO-DACHI/CLONE/U3の特徴を挙げてみましょう。

内蔵ハードディスクを外付けのハードディスクとしてパソコンに接続できる

このHDDスタンドで使用できるのは、SerialATAの内蔵ハードディスクだけ。

3.5インチのHDDだけではなく、2.5インチのHDDも差し込むことができます。

買い替えたパソコンのハードディスクを取り出して、外付けのハードディスクとして常時接続して使うなんて言うこともできます。

パソコンにUSB3.0で接続できる

パソコンとの接続は、USB3.0なので、データの転送が高速です。

もちろん、USB2.0環境下では、USB2.0で動作します。

HDDスタンドの裏面は、USB端子、ACアダブターの差し込み口、スイッチというシンプルなもの。

パソコンを使わずにこのHDDスタンドだけでハードディスクのまるごとコピーが出来る

コピー機能が、驚くほど便利です。

ハードディスクを2台挿しておいて、HDD1から、HDD2へ、Cloneボタン一つで丸ごとコピーできます。

WindowsのOSごとバックアップしたいときには、これを使うと超簡単!

ただし、コピー元とコピー先を間違えて差し込まないように、最新の注意をはらいましょう。

そして、コピー先のハードディスクは、コピー元のハードディスクと同じかそれ以上の容量である必要があります。

↑ これ、重要!!

データ消去機能付きの上位モデルもある

値段は、1,000円ほど高くなりますが、データ消去付きのモデルもあります。

ハードディスクが付いたままのパソコンや、ハードディスクそのものを廃棄するときなどは、データを完全消去しておくと安心です。

 

いつも言うことですが、ハードディスクは、いつか必ず壊れます

このHDDスタンドを使って、WindowsがインストールされたCドライブを丸ごとバックアップとっておくことをオススメします。

「ある朝、パソコンの電源を入れたら、Windowsが起動できなくなっていた!」

そんなことがあっても、慌てなくて済みますから。

 

Amazonプライム会員なら無料で読めるビジネス書8選


更に上を目指すために読んでおきたい8冊


 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ8