22291916450_c9411b5b1c_z

かなり危ない依頼がたまに舞い込んできます。

先日は、ある病院関係の企業から。

従業員が問題を起こして出社拒否になってしまった。

その従業員の使っていたWindowsパソコンには顧客情報が入っている。

ところが、Windowsのログインパスワードが分からない。

その社員とは、全く連絡が取れないから何とかして欲しい。

 

その会社の社長さんは、以前からの知り合いで、依頼主は社長さん自身だったので、会社のパソコンを不正に使用するとは考えにくいと判断しました。

そして、かなり困った様子だったので、依頼を引き受けました。

こんなとき、ログインをせずに、そのユーザーのパスワードを変更する方法があるのです。

Windows7以降のインストールDVDからパソコンを起動

まず、パソコンのOSがWindows10でも、Windows8でも、Windows7でも構いません。

Windows7以降のインストールDVDを用意します。

私の場合、Windows7のインストールDVDを用意しました。

インストールDVDからパソコンを起動させます。

Windows7のインストールDVDの場合、この画面になったら、

キーボードから、Shift + F10 を押します。

2016-03-22-18.58.23

2016-03-22-18.58.50

 

すると、コマンドが入力できるウィンドウが表れます。

ここで、

 

c: [Enter] (Cドライブに移動)

cd \windows [Enter] (Windowsディレクトリに移動)

cd system32 [Enter] (system32ディレクトリに移動)

ren Utilman.exe Utilman.org  [Enter] (Utilman.exe を Utilman.org に変名)

ren cmd.exe Utilman.exe  [Enter] (cmd.exe を Utilman.exe に変名)

exit [Enter] (コマンドのウィンドウを閉じる)

 

これで、右上の x をクリックして、インストールをキャンセルします。

2016-03-22-19.01.47

パソコンからインストールDVDを取り出して、パソコンを再起動します。

ユーザーのパスワードを変更

普通にハードディスクからWindowsを起動させ、ログイン画面にします。

ログイン画面で右下のアイコン(下図参照)をクリックします。

(Windows7は、左下にあります。)

2016-03-22-19.03.23

 

これをクリックすると、通常は「パソコンの簡単操作」機能が表示されます。

2016-03-22-19.22.46

これが、Utilman.exe なのです。

 

ところが、先ほど、cmd.exe を Utilman.exe に変名したので、このアイコンをクリックするとコマンドが使えるウィンドウが開きます。

2016-03-22-19.03.33

ここで、ユーザーのパスワードを変更するコマンドを打ち込みます。

net user [ユーザ名] [パスワード]

と入力して、Enter キーを押します。

例えば、ユーザー名が、abc で、パスワードを 123 に変えたければ、

net user abc 123 [Enter]

となります。

これで、abc ユーザーのパスワードが、123 に変わりますので、ログインできます。

ログインできたら、再度、インストールDVDからパソコンを起動させて、Utilman.exe と cmd.exe の名前を元に戻しておきましょう。

Windows10で、Microsoftアカウントを使用している時

Windows10の場合は、Microsoftアカウントでログインしていることが多いと思います。

この場合、ここでパスワードを変更することができません。

そんなときには、Administrator のアカウントを有効にして、それでログインします。

net user Administrator [パスワード] /active:yes

パスワードは、自由に設定してください。

これで、再起動すれば、Administrator でログインできるようになります。

Administrator は、管理者権限を持つアカウントなので、全てのデータにアクセス可能です。

 

これは、かなり危険な技ですので、悪用厳禁です。

他人のパソコンに不正アクセスするようなことは、絶対にしないでくださいね。

 

起業して頑張っている人だけにオススメする8冊


 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ8