Youtube や Vimeo の動画をホームページに埋め込むことはよくあると思います。

そんな時、パソコンで見たり、スマートフォンで見たりして、ブラウザの横幅が変化しても、動画の上下に黒い余白ができないようにするためのCSSをご紹介します。

 

例えば、横幅780ピクセルで、Youtube の動画を埋め込んでみます。

埋め込みコードはこのようになっています。

<iframe width=”780″ height=”439″ src=”https://www.youtube.com/embed/7t0EtKlQxyo?rel=0&showinfo=0″ frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

 

video_container1

 

表示領域の横幅が、Youtube動画の横幅と同じか、それよりも大きい場合は、問題なく表示されます。

 

ところが、ブラウザの横幅を縮めて、表示領域の横幅が、Youtube動画の横幅よりも小さくなると、動画の上下に黒い余白ができてしまいます。

video_container2

 

高さを439ピクセルと指定したので、これを維持しているのですね。

これは、美しくないですよね。

 

動画埋め込み用のCSSを書いて、美しく表示させましょう。

.video_container{
position: relative;
padding-bottom: 56.25%;
height: 0;
overflow: hidden;
}
.video_container iframe {
position: absolute;
top: 0;
left: 0;
width: 100%;
height: 100%;
}

この video_container クラスの padding-bottomが、56.25%になっているところがポイントです。

56.25%は、動画の縦横比を表しています。

Youtube や Vimeo では、動画を 横:縦 = 16:9 で表示します。

9 ÷ 16 = 0.5625 ・・・・つまり、56.25%です。

 

このクラスで、先ほどの埋め込みコードを囲みます。

<div class=”video_container”><iframe width=”780″ height=”439″ src=”https://www.youtube.com/embed/7t0EtKlQxyo?rel=0&showinfo=0″ frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe></div>

 

video_container3

 

このようにすれば、パソコンで見ても、スマートフォンで見ても、動画は上下の黒い余白がなく美しく表示されるようになります。

最近は、レスポンシブ対応のホームページが主流になりつつあります。

CSSで、機種に依存しないサイト作りを心掛けたいものですね。

 

起業して頑張っている人だけにオススメする8冊


 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ8