programing

 

プログラマーには、めんどくさがり屋の人が多いです。

めんどくさがり屋だから、プログラマーに向いているのか、プログラマーだから、めんどくさがり屋になったのか。

それが、どちらなのかは、定かではありません。

私も、そんなめんどくさがり屋の一人です。

 

特に、単純労働が嫌いで、例えば、数十人のお客様に郵送する書類などに、切手を貼るような作業には耐えられません。

いつも、封筒に書類を入れたものを郵便局に持って行き、「これ、普通郵便でお願いします。」と言って郵便局員さんに切手を貼ってもらいます。

 

数十枚の封筒などに宛名を書く作業も嫌いです。

なので、そのためにシステムを作って、顧客データをすべて入力し、クリック一つで、数十枚の封筒に宛名が印刷できるようにしています。

 

普通は、そんなシステムを作ることの方が、面倒じゃないかと思われがちです。

何時間もかけてシステムを作る、もしくはお金をかけてシステムの作成を発注するよりは、自分の手で30分を掛けて、顧客の住所、郵便番号、氏名を手書きしたほうがいいと考える人の方が多いでしょう。

 

また、せっかくシステムを作成したにも関わらず、データを入力する時間がないという人もいます。

こういう考え方の人は、いつも時間に追われています。

データを入力する時間がないから、とりあえず今回は、手作業でやっちゃえ!と考えます。

そうすると、その次も時間がないから・・・ということの繰り返しです。

たった一度、無理をしてでもデータを入力してしまえば、それ以降は、データが発生したときに数件入れるだけです。

そして、システムを使って、データをあらゆる形でアウトプットできるので、作業時間は、大幅に短縮されます。

作業時間が短縮されれば、他の業務が発生しても、それに対応できます。

新しい業務が発生したら、それもシステム化。

そうやって、単純作業はすべて、早く、正確に業務をこなすことができる、コンピューターに任せてしまえば、人間はもっとクリエイティブなことに頭脳を使うことが出来ます。

 

私は、業務のシステム化は、投資だと考えています。

システムは、一度、お金または時間をかけて作ってしまえば、それ以降は、大幅に作業を効率化できます。

作業効率を高めて、より多くの業務をこなすために、システム化は最も有効な手段です。

 

マウスコンピューター/G-Tune

起業して頑張っている人だけにオススメする8冊


 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ8