キングコングの西野亮廣さんが出版した絵本『えんとつ町のプペル』

えんとつ町のプペル

制作過程から多くのファンを巻き込み、クラウドファンディング開始一週間で1000万円以上の資金が集まりました。

そして、2016年10月25日には、4637万円が集まりフィニッシュしています。

絵本制作では初めて分業制で制作をし、33人ものイラストレーターが協力しています。

制作にかかった時間は、なんと4年半。

この本は、Amazonで発売される予約販売の時点で、絵本ランキング1位になっています。

絵本とは思えないほど繊細かつ大胆な絵に、大人も子供も楽しめるストーリーで、25万部を超える大ヒットとなっています。

 

しかし、この絵本、それほど売れているにも関わらず、西野さんはこれを無料で読めるよう一般公開してしまいました。

お金を払って読みたい人は買えばいいし、お金がない子どもたちは無料で読めばいい。

今まで、そんなコンセプトの商品があったでしょうか?

そんなことをしたら、誰もが無料で読んでしまい、本なんか売れるはずがない。

一般常識で考えれば、そうなるでしょう。

ところが、本の売れ行きはどんどん伸びています。

それ以上に、多くの人が『えんとつ町のプペル』を知り、西野さんの凄さを知ることになりました。

 

Amazonのレビューを見ると、星5つのレビューが圧倒的多数ですが、次に多いのは、星1つのレビューです。

新しいことをして、「出る杭」になると、反感を持つ人が出てくるのは当然です。

このレビューのバランスこそ、西野さんが新しいことに挑戦した証だと思います。

 

そんな素晴らしい絵本

えんとつ町のプペルは、こちらから無料で読むことができます。

 

Amazonで購入したい人は、こちら。


えんとつ町のプペル

 

そして、同じく西野亮廣さんが書いたビジネス書。

普通のビジネス書を10冊読むくらいなら、常識をぶち破るこの本を1冊読んだほうが確実にオモシロイ。


魔法のコンパス 道なき道の歩き方

起業して頑張っている人だけにオススメする8冊


 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ8