「Amazon.co.jp」という文字を1行目に書いて
2行目には、「アカウントへのアクセスが制限されています」
このメールは、さすがに開いちゃいました。


 

メールが巧妙化しているというニュースをよく見かけます。

確かに、このメールは、開いてしまいました。

メールの一行目には、「Amazon.co.jp」という文字列に、本物のAmazonへのリンクが貼ってありました。

実際のメール内容が、これです。

 

これは、さすがにおかしいですね。

48時間以内にアカウントを確認しなきゃならないなんて、Amazonが、そんなこと書かないでしょう。

それに、メールのタイトルが、「あなたの情報を更新する」

 

「ここをクリック。」と「。」が付いてるのは、いかにもスパム。

実際に、「ここをクリック。」にマウスを当ててみると、

 

おいおい、どこに連れて行くんだ!?

メールタイトル、メール本文を見て、怪しいと感じる人は多いでしょう。

でも、怪しむこともなくクリックしちゃう人も多いでしょうね。

 

メールを開くだけでウィルスを仕込まれることもあるので、今回のメールがそんな類のものだったらアウトでした。

 

別の日には、お客さまのパソコンで、こんな表示が。

 

あるサイトへのリンクをクリックしたら、この「システム警告!」が表示されたようですが、これも完全にダメなやつです。

「更新」をクリックすると、何か良くないものがインストールされてしまいますよ。

絶対に「更新」をクリックしないでくださいね。

 

Amazonプライム会員なら無料で読めるビジネス書8選


更に上を目指すために読んでおきたい8冊


 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ8