無料で使える!日本語フリーフォント

個人利用・商用利用がフリーの日本語フォントを投稿するサイト

FONT FREE

freefont

 

面白いフォントがたくさん投稿されています。

フォントは、それぞれのサイトに飛んだ先で入手できます。

利用規約があるサイトでは、一読してから正しく利用して下さい。

フォントをダウンロードして、パソコンにインストール

ダウンロードしたフォントを自分のパソコンで使用するには、拡張子が、.ttf や .otf のフォントファイルを右クリックして、「インストール」を選択。

これだけで、Word や Excel でフォントを選択した場合の候補に加えられます。

WEBで使用するにはどうしたらいいのか

ホームページなどを作成する際、ちょっと変わった文字にしたいと考えて、フォントを指定することがあります。

しかし、フォントは、ホームページを見る人のパソコンにそのフォントが入っていなければ、意味がありません。

そこで、ホームページやブログでもフォントを指定できるようにするため、WEBフォントを利用します。

webフォントに使用されるファイル形式は、以下の5つです。

  • ttf (TrueType)
  • otf (Open Type Font)
  • woff (Web Open Font Format)
  • eot (Embedded Open Type)
  • svg (Scalable Vector Graphics Font)

各ブラウザの対応状況は、以下のようになっています。

internet explorer
IE
google chrome
Chrome
firefox
Firefox
safali
Safali
opera
Opera
 ttf / otf    OK  OK  OK  OK
 eot OK        
 woff OK  OK  OK  OK  OK 
svg   OK    OK  OK 

WEBフォントを使う場合、少し古いブラウザを考慮に入れても、ttf または otf、woff、eot を用意すれば、大丈夫でしょう。

WEBフォントへの変換

通常、フリーフォントは、ttf または、otf の形で配布されています。

これをWEBフォントで使用できる形式に変換する必要があります。

そのためのフリーソフトが、武蔵システムの 「WOFFコンバーター」です。

ダウンロードして、パソコンにインストールするソフトウェアですが、WEBフォントを作成するには、とても便利です。

woff_converter

「変換前ファイル」には、ダウンロードした ttf ファイル、または、otf ファイルを指定します。

「変換後ファイル」に何も指定しなければ、同じ名前で拡張子だけを変えたファイルが、変換前ファイルと同じフォルダに作成されます。

「EOTファイルを作成する」にチェックを付けておきましょう。

あとは、「変換開始」をクリックするだけです。

WEBフォントをCSSに組み込む

作成したWEBフォントをサーバーにアップロードします。

次に、CSSファイルに に以下を追記します。

実際に、nicomoji-plus というフォントを組み込んでみましたので、参考にして下さい。

@font-face {
font-family: "nicomoji-plus";
src: url("//aws2000.net/font/nicomoji/nicomoji-plus_v0.9.eot?") format('eot'),
url("//aws2000.net/font/nicomoji/nicomoji-plus_v0.9.woff") format('woff'),
url("//aws2000.net/font/nicomoji/nicomoji-plus_v0.9.ttf") format('truetype');
}

 

html では、

<span style=”font-family:nicomoji-plus;font-size:20px;”>これが、nicomoji-plus のフォントです!</span>

と書けば、

これが、nicomoji-plus のフォントです!

と表示されます。

アメブロでご覧の方は、css のコードやフォントが正しく表示されていないと思います。
公式サイトから御覧ください。

 

ホームページを作るなら必ず読んでおくべき4冊

 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ8