通常のホームページでは、表示されている画像を右クリックすると、ダウンロードができます。

例えば、下の画像・・・・・

sunrise

 

右クリックしてすると、メニューが表示されます。

「名前を付けて画像を保存」をクリックすれば、この画像がパソコンにダウンロードされます。

sunrise2

 

ホームページ上に公開するのですから、誰にも見せたくない画像ということはないでしょう。

それでも、知らない人に勝手に画像をダウンロードされたくないという時には、方法がいくつかあります。

1.Javascriptで、右クリックを無効にする

body タグを以下のようにします。

<body onContextmenu=”return false”>

このように記述することで、ページ上のすべてで、右クリックができなくなります。

しかし、右クリックには画像を保存するだけではなく、様々なメニューが表示されます。

それらが、すべて使えないホームページ・・・なんだか、好きになれないですよね(笑)

2. 画像を背景として表示する

下の画像を右クリックしてみてください。

画像関係のメニューが表示されません。

 

これは、画像を背景として表示しているからです。

html の書き方としては、こんな感じです。

<div style=”width: 550px; height: 413px; background: url(‘背景画像のURL’) no-repeat;”></div>

これなら、パソコンに詳しくない人は、あれ?保存できないぞ?と諦めてくれるかもしれません。

3. 背景画像の上に透明な画像を設置する

もう少しイジワルしてみましょう(笑)

下の画像を右クリックしてみてください。

 

「名前をつけて画像を保存」というメニューは表示されますが、実際に保存すると、透明画像が保存されるだけです。

これは、画像を背景として表示し、その上に透明の画像を表示しています。

html の書き方は、

 

<div style=”width: 550px; height: 413px; background: url(‘背景画像のURL’) no-repeat;”>

<img src=”透明画像のURL” width=”550″ height=”413″ />

</div>

 

ここまでやると、もう面倒だから要らない!と諦めてくれるかもしれません。

写真を販売するサイトなどで、この方法を使えば、勝手にダウンロードされることは少なくなるでしょう。

 

ただし、パソコンにもスマホにも、「スクリーンショット」という機能があります。

これは、画面に表示されている状態をそのまま画像として保存します。

パソコンでは、キーボードの Print Screenキーを押します。

printscreen

メモリに画像として保存されますので、それをWord や Excel や ペイントツールなどで、貼り付けをすれば、OKです。

 

iPhone では、電源ボタンを押しながら、ホームボタンを押せば、カシャッとシャッターが切れて、画面がそのままカメラロールに保存されますね。

この方法を使われたら、画像を勝手に使われないようにはできません。

上の3つの方法は、あくまでも、画像をダウンロードされにくくする方法だと考えてください。

 

起業して頑張っている人だけにオススメする8冊


 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ8