windows10up

Windows7、Windows8.1 のユーザーは、2016年7月28日まで無償でWindows10にアップグレードができます。

ところが、Windows10にして、不具合が生じたり、使えなくなるソフトが有ったりするのが心配で、アップグレードを見送っている人も多いと思います。

しかし、7月28日が過ぎてから、やっぱりアップグレードしておけばよかったと後悔するかもしれません。

こんなときのために、ずっと無償でアップグレードできるようにするには、どうしたらいいでしょうか?

例えば、アップグレードは来年にしようと考えている人。

 

はい。

来年でも無償でアップグレードできます。

 

それは、2016年7月28日までに一度、Windows10にアップグレードをしてから、元のOSに戻せば良いのです。

一度アップグレードをすると、そのパソコンは無償アップグレードを行なったパソコンとしてオンライン登録されます。

これにより、アップグレード期間が終了した後でも、無償でのアップグレードやクリーンインストールが可能になります。

より安全にアップグレードしたい場合には、HDDのコピーがオススメ

私の場合は、元に戻すのが面倒なのと、完全に元に戻るかどうかが不安だったので、Windows7のハードディスクを別のハードディスクにコピーした上で、Windows10にアップグレードしました。

これなら、アップグレードをした後に、Windows7のハードディスクに差し替えるだけです。

ハードディスクのコピーに使ったのは、これです。

玄人志向 HDDスタンド USB3.0接続 KURO-DACHI/CLONE/U3 パソコンなしでHDDのまるごとコピー機能付き

これは、ボタンひとつでハードディスクの完全コピーが作れます。

ただし、コピー元とコピー先が同じ容量か、コピー元よりもコピー先のほうが大きな容量でなければ、コピーはできません。

コピーしない時には、USBでパソコンに繋いで、2台の内蔵ハードディスクを外付けのハードディスクとして使えるので、とても便利です。

色々な使い道があるので、ひとつあると便利なグッズです。

Windows10を使ってみて・・・・

実際にWindows10を使ってみて思ったのは、「使いやすい」ということ。

グラフィックボードの問題などで、頻繁にフリーズしたり、再起動がかかってしまうという問題はありましたが、グラフィックボードを変更してからは、起動も早いし、不具合もないので、結局Windows10にアップグレードしたままで使っています。

Windows10、なかなか良いですよ。

余程のこだわりがない限り、アップグレードすることをオススメします。

ただし、特にノートパソコンの場合、グラフィックボードなどを交換することができないので、アップグレードする前に、Windows10に完全対応しているパソコンかどうかをメーカーサイトで調べるようにしてください。

 

起業して頑張っている人だけにオススメする8冊


 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ8