windows-old

 

Windows10がアップデートされた後、ふとCドライブを見ると、「Windows.old(1)」というフォルダができていました。

「Windows.old」の方は、Windows10のアップデート前のフォルダですね。。

Windowsアップデートの残骸

 

「Windows.old(1)」の方、日付が、2015年11月なので、これは、Windows7からWindows10にアップデートした際の残骸でしょう。

中を見るとフォルダはあるもののファイルは一つもありません。

これは、確実に不要なフォルダなのですが、普通に削除しようとしても、

この項目は見つかりませんでした。
次の場所にはありません。この項目の場所を確認してから再実行して下さい

という表示がされて消すことができません。

 

ということで、コマンドプロンプトから強制的に削除しました。

スタートボタンから、「Windows システムツール」を選択。

その中にある、「コマンドプロンプト」を右クリックします。

コマンドプロンプト

 

その他」⇒「管理者として実行」をクリックします。

コマンドプロンプトを管理者として実行

 

コマンドプロンプトの黒いウィンドーが現れたら、キーボードからコマンドを打ち込みます。

以下、[Enter]は、Enterキーを押すという意味です。

cd \[Enter]

rd /s Windows.old(1)[Enter]

Windows.old(1)、よろしいですか(Y/N)? と聞いてくるので、

「Y」を入力して、Enterキーを押して下さい。

コマンドプロンプトでフォルダ削除

 

これで、Windows.old(1) は消えました。

Windows.old(1)の削除成功

 

ちなみに、アップデートをしたときに勝手に出来るWindows.oldは、もしも不具合があったときに、アップデート前の状態に戻すためのフォルダです。

このフォルダは、約1ヶ月が経過すると、自然に消えますので、ハードディスクを圧迫しないのであれば、そのまま残しておいても構いません。

 

 

マウスコンピューター/G-Tune

起業して頑張っている人だけにオススメする8冊


 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ8