9月20日に公開されるiOS11
楽しみではあるのですが、大きな問題があるのです。
そう・・・・iOS11にアップデートすると動かなくなってしまうアプリがあるのです。
それも、大量に・・・(T_T)


iOS11が、9月20日に公開されます。

 

iPhone、iPadのOSであるiOSが、アップデートされて、iOS11が、9月20日に公開されます。

 

今までのパターンですと、20日の午前2時に公開される可能性が高いですね。

 

さて、そんな楽しみなiOS11ですが、ひとつ大きな問題があります。

iOS11は、完全に64bit仕様になるため、今まで32bitで動いていたアプリが、すべて動かなくなるのです。

自分のiPhoneに入っているどのアプリが動かなくなるのか!?

それを調べる方法があります。

 

「設定」ボタンをタップします。

 

設定画面から「一般」をタップ。

 

「情報」をタップ。

 

「App」をタップ。

ただし、互換性のないアプリがインストールされていないiPhoneでは、タップできません。

 

ここで、一覧表示されるアプリは、iOS11にアップデートすると動かなくなります。

 

と、書いてありますね。

 

使えなくちゃ困る!というアプリもあると思います。

私のiPhoneにも、iPadにも、使えなくなると困るアプリが、ごっそり入っていました。

iOS11にアップデートしないという手もありますが、アップデートにはセキュリティ関係の内容も含まれています。

古いOSのまま使うのも、問題ではありますね。

 

iOS11にするのを少し待ってみて、それでも使いたいアプリがアップデートしないようであれば、同じ機能を持つ他のアプリに置き換えることも考えましょう。

現在、AppStoreからダウンロードできるアプリは、すべてiOS11で使えます。

しばらく待っても、アプリがアップデートされないようであれば諦めて、iPhone、iPadから削除するしか無いですね。

 

 

起業して頑張っている人だけにオススメする8冊


 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ8