友人のお子さんがパソコンを買ってほしいと友人に言い、その買って欲しいと言ってるパソコンを見てビックリ!
こんな高性能なパソコンで、何するの?っていうくらい凄いパソコン。
パソコンで何をしたいのか。
そのためには、どんなパソコンが必要なのか。
そんなことをサラリと書いてみました。


 

まず、私が驚いたパソコンがコチラ。

 

CPUが、Core i7

メモリ 16GB

SSD 640GB

電源850W

 

パソコンを何に使うのかと聞くと、ゲームと軽い動画編集ということ。

動画編集なら、Core i7とメモリ 16GBは分かります。

でも、軽い動画編集なら、Core i5 でメモリ 8GBでも充分ですね。

 

SSD 640GBってなんのため?と思いました。

OSやソフトウェアをCドライブに入れ、データはハードディスクに入れるようにすれば、SSDは、200GB以上あれば充分すぎるでしょう。

電源 850Wも無駄に凄い。

 

それなのに、ディスプレーが付いていない、DVDドライブもない。

キーボードもマウスも付いていません。

これで、この価格は何でしょう?

必要なものを買い足したら、19万~20万は行きそうです。

 

 

私だったら、こちらを選びます。

 

マウスコンピューターですね。

ゲームと簡単な動画編集なら、CPUは、Core i5 でいいでしょう。

メモリも8GBで足りますし、SSDは、240GBで充分です。

その代わり、ハードディスク 2TBが凄い!

しかも、iiyama製のディスプレーも顔認証カメラも付いてこの価格。

DVDドライブも、キーボードもマウスも付いていますから、買い足すものはありません。

 

カスタマイズが出来るので、メモリだけ16GBにしてもいいかも知れません。

それでも、iiyama製のディスプレーが付いたこの性能のパソコンをこの価格で出せるメーカーは、他にないでしょうね。

 

マウスコンピューターのWEBサイトはこちら

マウスコンピューター

 

何をするためには、どれくらいのパソコンが必要なのか。

その目安を知っておけば、スペックの低すぎるパソコンや、無駄に高性能のパソコンを選ぶことも避けられますね。

 

 

Amazonプライム会員なら無料で読めるビジネス書8選


更に上を目指すために読んでおきたい8冊


 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ8