2018年5月25日から、Googleアナリティクスの仕様変更があります。
問題なのは、アクセス解析データの保持期間が設定されること。
放っておくと26ヶ月分のデータしか残らなくなるようです。


 

Googleアナリティクスの仕様変更により、アクセス解析のデータ保持期間を設定できるようになりました。

これ、デフォルトで26ヶ月になっているみたいです。

 

Googleアナリティクスを開くとこんな画面が出ます。

「ユーザーデータとイベントデータの保持」が、「26か月」になっています。

 

これを「自動的に期限切れにならない」に変更しておきましょう。

 

このメッセージが出ない、または、何もせずに閉じてしまった場合は、「管理」から設定することができます。

 

「トラッキング情報」の下の「データの保持」をクリックします。

 

ここで、「自動的に期限切れにならない」を選択して、「保存」をクリックします。

 

26ヶ月なので、2年くらいあれば充分だと思う人は、このままでいいのですが、今は使わなくても将来必要になるかもしれません。

3年前、5年前のデータから流れる読むこともできるので、消えてしまうのは困ります。

気になる人は、消えないように設定しておいてくださいね。

また、ここで設定した内容は、24時間後に有効になると書かれているので、5月24日に設定を済ませておくといいでしょう。

 

この仕様変更は、2018年5月25日から施行される、EUヨーロッパ連合のデータ保護規則によるものです。

どんな規則なのか、気になる人は、見ておいて下さい。

EU一般データ保護規則

 

Amazonプライム会員なら無料で読めるビジネス書8選


更に上を目指すために読んでおきたい8冊


 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ8