iPhone6

iPhoneをスリープ状態から起動した時、パスコードを入力するように設定していますか?

いちいちパスコードを入力するのが面倒だからと、パスコードを入力しなくても使える状態にしておくと、iPhoneを落とした時などには、顔が真っ青になってしまいます。

 

ところで、通常は、このパスコード、数字4桁ですよね。

これって、結構バレやすいのです。

横にいる人にちらっとパスコードを打ってるところを見られただけでも、簡単にバレてしまったりします。

 

そこで、4桁の数字のパスコードではなく、アルファベットのパスコードに設定してみましょう。

これなら、アルファベット2~3文字でも、数字4桁よりもバレる確率はずっと低くなります。

 

「設定」⇒ 「Touch IDとパスコード」

iPhone パスコード

 

「簡単なパスコード」を右へスライドして、OFFにします。

iPhone パスコード

 

 

今まで使用していた、数字4桁のパスコードを入力します。

iPhone パスコード

 

 

アルファベットのパスコードを入力します。

アルファベットは、1文字でも構いません。

iPhone パスコード

 

 

設定が完了すると、「簡単なパスコード」がOFFになっています。

iPhone パスコード

 

 

スリープから起動した時の iPhone のパスコード入力画面が、アルファベット仕様に変わりました。

これなら文字数もわからないので、予測することは難しいでしょう。

 

iPhone パスコード

 

 

ただし、自分で設定したパスコードはしっかりと覚えておいてくださいね。

アルファベットのパスコードって、なかなか忘れやすいですから(笑)

 

 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ7








アクセス解析を学ぶなら読んでおきたい4冊