前回の記事

「パソコンのセキュリティ対策【セキュリティソフト】」では、パソコンに不正アクセスされたり、ウィルス感染したりするのを防ぐため、セキュリティソフトの導入が必要だというお話をしました。

パソコンを正しく使い、セキュリティソフトを導入していれば、ほぼ安心です。

 

ところが、パソコンのセキュリティとして、ほとんどの人が対策をしていないことがあります。

しかも、対策をしなければ、被害を受ける確率は、100%なのに。

broken

それは、ハードディスクの故障です。

パソコンのデータを保存するための装置がハードディスクです。

デスクトップパソコンにも、ノートパソコンにも、ハードディスクが装着されていて、ここにすべてのデータが保存されます。

このハードディスク、寿命が5年と言われています。

私の経験上、3年で壊れることもありましたし、5年以上使えることもありました。

 

私は職業柄、6台ほどのパソコンを使い、ハードディスクは10個ほど使っています。

でも、8年以上前のハードディスクは、1つもありません。

つまり、ハードディスクは、いつか、必ず壊れます

それは、5年後かもしれないし、1年後かもしれないし、今日かもしれません。

 

私は、15年ほど前、仕事で使っていたパソコンのハードディスクが壊れ、すべてのデータを失いました。

クライアントに納品するためのプログラム、個人情報、それまでに作成してきた様々な資料など、すべてです。

強烈な虚しさに襲われ、もう、この仕事を辞めようかとさえ思うほどショックでした。

 

ハードディスクが、壊れた時に慌てないよう、必ずデータのバックアップを取ることを習慣付けて下さい。

これから仕事でパソコンを使うのであれば、毎日バックアップを取るようにしたいものです。

でも、ハードディスクのバックアップなんて、どうすればいいの?と思いますよね。

 

そうなんです。

これ、意外と難しいのです。

 

次回の記事では、具体的なデータのバックアップ方法を書きます。

 

 

起業して頑張っている人だけにオススメする8冊


 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ8