tomatos

あるトマト農家のホームページ作成を依頼されました。

そのための参考として、他のトマト生産者のホームページをたくさん見て回りました。

みんなキレイなホームページを作っています。

でも、少し気になったのは、多くのホームページは、自分たち目線なんですよね。

ホームページの文章が。

「私たちは、こんなに苦労して美味しいトマトを作っています。」

その主張が、前に出過ぎちゃってるんです。

確かに、美味しいトマトを作るのは大変なことです。

でも、トマトを買う立場としては、苦労して作っているから買いたいとは、思いません。

買う動機って、もっともっと、単純なんです。

そうです!

美味しそうだから。

それしかないと言ってもいいくらいです。

だって、お客さまは美味しいトマトを探して、そのホームページに辿り着いたわけですから。

どんな苦労をしてトマトを作ってるんだろう?と思って見に来るのは、同業者くらいです。

eating a tomato

こんなに真っ赤で、とても甘いよ!と、半分に切った断面を見せたり、美味しそうに丸かじりしている写真を載せましょう。

こんな風に料理をすると、絶品だよ!と、トマトを使った美味しそうなレシピをたくさん掲載しましょう。

 

何を売る時でも同じです。

商品の説明は、必要最低限に抑えていいのです。

最も大切なのは、お客さまの感情を揺さぶる文章が書けるかどうか。

これは簡単なようで、なかなか難しいことだと思います。

 

お客さまの感情を揺さぶる文章って、どんな文章のことだろう?

そう思ったら、この本を読んでみてください。

人を操る禁断の文章術

そう、メンタリストのGaigo さんが著した本です。

コピーラーティングの本などは、難しく書かれているものが多いですが、この本は「感情を動かす文章って、こんな文章だよ」と、その具体例を交え、とてもわかり易く書かれています。

ちょっとした言葉の選び方で、読む人の心にグサリと刺さる文章になるんだな~ということが、分かると思います。

 

 

マウスコンピューター/G-Tune

起業して頑張っている人だけにオススメする8冊


 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ8