social media

 

今、日本において多くのユーザーを抱えているSNSと言えば、FacebookとTwitterです。

Instagramも、どんどん伸びていますし、Google+を使っている人もいます。

それでも、使用頻度を比べると、FacebookやTwitterが圧倒しています。

そんなワケで、ここでは、FacebookとTwitterについて書いてみようと思います。

Facebookでの集客

Facebookでは、ユーザーがほとんどが、本名でアカウントを作っています。

本名なので、実際の友人や幼馴染、更には家族とも繋がりができやすいでしょう。

そんな周りの人たちから見ても不自然ではないように、しっかりと自分自身の立ち位置を意識することが大切です。

ここでは、ビジネスをするという考え方は捨てたほうが良いでしょう。

自分の知識や情報を無償で与え、こちらを振り向いてもらうための場所と捉えてください。

ただし、あくまでも情報発信です。

独り言を書く場所ではありません。

昼食に何を食べたとか、どこに旅行したとか、それだけの内容では、芸能人でもない限り、誰も興味がありません。

美味しいものを食べたのなら、店舗名、場所、価格、味の評価など、読んだ人に役立つ情報として書くのは有りです。

この人の投稿は、読んでおかないと損だ!と思わせれば、あなたのブランディングは、一つ成功したことになります。

Twitterでの集客

Twitterは、多くの人が匿名でアカウントを持っています。

このため、質より量という見方もできなくはありません。

実際、数万人からフォローされていれば、その場で商品を紹介しても、結構な数が売れてしまう場合もあります。

そのため、ツールを使ってフォロワーを増やし、アフィリエイトで稼ぐ人もいます。

アカウントを100とか200とか大量に作成し、どこかからコピーしてきたような言葉をツールの機能で一定時間おきにツイートし、露出を増やします。

こんな方法で、数十万円の報酬を得ることも可能ですが、その作業量は膨大な割に、なんのスキルの上達にも繋がらず、虚しい時間を浪費するだけになってしまいます。

そして、報酬を更に増やそうと無理をし始めるため、ほとんどの人は、迷惑行為として、アカウントを凍結されてしまいます。

 

あなた自身のホームページに誘導し、あなた自身を知ってもらいたいのであれば、Twitterでも投稿の内容が命になります。

あなたのツイートを見た人が、面白いと感じ、この人のツイートは、次回も楽しみだなと思ってもらえれば、フォロワーは自然に増えていきます。

あなたも、いろいろな人のツイートを見て、面白いと思った人を、どんどんフォローしていって下さい。

フォロー返しが多いのもツイッターの特徴です。

 

結局、SNSの繋がりも、実社会と同じです。

人と人の心が通い合ったときに繋がることが自然です。

そして、情報を発信し続けること、与え続けることです。

与え続けることで、あなたの周りに人が集まります。

あなたのファンが多くいれば、あなたのビジネスが上手くいかないはずはありません。

 

起業して頑張っている人だけにオススメする8冊


 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ8