2016年も、残すは今日と明日だけになりました。

それなのに、私は、なんだか慌ただしくて、ギリギリまで仕事になりそうです。

 

さて、12月29日に、RIZIN という格闘技イベントが開催されました。

そこに出場した、18歳の現役高校生が、今年の大晦日には、格闘技界を大きく盛り上げてくれそうです。

彼の名は、那須川天心。

天才的なキックボクサーです。

どれくらい天才なのかということは、ググってみてください。

彼は、12月29日に試合をし、ダメージがないから31日にも試合を組んでほしいとイベントの主催者に直訴した結果、31日にも試合をすることになりました。

誰が相手をするのでしょう?

 

そんな彼の動きが速すぎて見えないので、どういうフォームで蹴っているのかをじっくり見たいと思いました。

そこで、パソコンと iPhoneを使って、Youtubeから取り込んだ、彼の動きをスローモーションにしてみました。

今回の処理では、3つの操作で成り立っています。

  1. Youtubeの動画をパソコンにダウンロード
  2. パソコンのファイルをiPhoneに転送
  3. iPhoneの動画を編集

Youtubeの動画をダウンロードする

Firefoxのプラグインを使って、Youtubeの動画をダウンロードすることが出来ます。

Firefoxが、パソコンにない人は、こちら↓

Fireboxのインストール

無料ダウンロードをクリックして、インストールして下さい。

Firefox

 

次に、Firefox に動画をダウンロードするためのプラグインを入れます。

Firefox で、以下のサイトにアクセスします。

Video DownloadHelper

「Firefoxへ追加」ボタンで、Firefoxにプラグインが追加されます。

 

Video DownloadHelperのインストールが完了すると、2つのアイコンが追加されます。

 

Youtubeにアクセスし、目的の動画を開きます。

 

この動画を再生している状態で、Video DownloadHelper プラグインのアイコンをクリックします。

色々な解像度でダウンロードが出来ます。

今回は、iPhoneで加工するので、mp4のファイルを、大きめの1280×720でダウンロードしました。

パソコンに取り込んだ動画をiPhoneに転送

動画が、パソコンにダンロードできたら、それを iPhoneに転送します。

方法は、いろいろあるのですが、今回、私は、Dropboxを使用しました。

パソコンにダウンロードしたmp4ファイルを、ドロップボックスフォルダに移動します。

すると、自動でDropboxサーバーにアップロードされます。

これをiPhoneのDropboxアプリで確認したら、それをタップします。

 

動画が選択され、大きく表示されますが、再生はせずに、右上の「。。。」をタップ。

 

Exportをタップします。

 

Save Videoをタップします。

 

これで、カメラロールに保存されます。

取り込んだ動画の一部分だけをスローモーションに

動画の編集には、iMovie を使用します。

iMovie は、iPhoneに最初から入っていますので、iPhoneユーザーなら誰でも使える便利な動画編集アプリです。

 

iMovieを起動したら、「+」をタップして、新規プロジェクトを作成します。

 

Movie か Trailerの選択では、Movie をタップ。

 

編集したい動画を選択して、「Create Movie」をタップします。

動画は、作成された日時で保存されるようです。

今回の動画は、カメラロールの中では、ずいぶん過去に遡って見つけました。

 

スローにしたい部分を指で切断します。

 

切断した部分を指でタップして選択し、時間をスローに設定します。

 

編集が完了したら、左上の「Done」をタップして、動画をカメラロールに保存したり、Youtubeにアップしたりして、見られる状態にします。

 

マウスコンピューター/G-Tune

起業して頑張っている人だけにオススメする8冊


 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ8