今、映画やテレビドラマをネットで見ることが主流になっています。

レンタルDVDを借りることも少なくなりました。

Amazonビデオ、Hule、Netflix などなど、多くの動画配信サービスが、月額1000円前後で利用できます。

そんな中、どうしても観たい映画がNetflixにしかないということが分かったので、早速、1ヶ月無料のお試しで契約。

Netflixの場合は、無料の期限が切れる前に、このままだと課金されますよ~という通知がメールで来るので安心です。

 

準備が整い、パソコンで映画を観ようとしたら・・・・

申し訳ありません、問題が発生しました。
インターネットの接続に問題があります。

 

エラーコード:M7031-1101 です。

 

「インターネットの接続に問題があります。」という場合、2つの意味があります。

  1. インターネットにつながっていない場合
  2. インターネットにつながっているけれど、通信を邪魔されている場合

もちろん、通信を邪魔しているのは、セキュリティソフトです。

 

私のパソコンには、カスペルスキー インターネット セキュリティが常駐しています。

右下のタスクトレイから、カスペルスキーのアイコンをクリックします。

 

カスペルスキーの管理画面が表示されたら、左下の歯車アイコンをクリック。

 

「詳細」をクリック。

 

「ネットワーク」をクリック。

 

通常は、「保護機能の要求に応じて暗号化された接続をスキャンする」にチェックが入っています。

 

ここで「暗号化された接続をスキャンしない」のラジオボタンをクリックします。

 

すると、「この処理を実行すると、保護レベルが低下します。」と脅されますが、とりあえず「続行」をクリック。

 

「暗号化された接続をスキャンしない」がチェックされていることを確認したら、x をクリックしてウィンドーを閉じます。

 

これで、Netflixの映像が見られるようになります。

 

現在、Netflix側が、カスペルスキーに対し、この設定変更をしなくても映像が見られるように交渉しているそうです。

ただ、そんな事情はほとんどの人が知らないわけで、カスペルスキーがNetflix の要求に対応してくれても、私の場合、この設定をいつ戻したらいいのか分からないです。

どうするんだろ?

Amazonプライム会員なら無料で読めるビジネス書8選


更に上を目指すために読んでおきたい8冊


 

私が買ってよかったパソコン&iPhone関連商品 トップ8